サイトメニュー

簡単で安全な美容医療

顔に触れる女性

注射だけとは言え安易に選ぶ事はだめ

今や美容医療の定番と言われる程人気なボトックス治療ですが、その背景には副作用のない安全で注射だけと言う手軽さがあります。注射だけで美容の悩みを解消できるのには、その注入する薬剤の作用にあります。ボトックス治療で使用される薬剤はボツリヌストキシンと呼ばれるたんぱく質です。これがアセチルコリンと言う人間の神経伝達物質に働きかけます。アセチルコリンは筋肉の収縮に作用しており、その分泌をボツリヌストキシンが阻害する事で過剰な筋肉の収縮を抑える事ができます。筋肉の過剰な収縮と美容トラブルの関係ですが、筋肉は表情を作るのに重要です。しかしそれが過剰だと表情を作った後にできる筋肉しわ等が起こります。また咬筋と呼ばれる咬む筋肉が発達しているとエラが張った様になり顔が大きく見えてしまいます。筋肉太りとも呼ばれ、これはダイエットでは改善しにくい悩みと言えます。これらの筋肉が発達している事や過剰に働いている事による美容上のトラブルを、その原因を抑えるボトックス注射で改善する事ができます。注射に使用される針も非常に細いので、施術による跡ものこりません。ボツリヌストキシンは美容医療に使用される前から医療現場で使用されており、臨床データも豊富で副作用がない事が立証されています。薬剤による施術後のトラブルも世界中からもありません。

美容医療業界ではボトックス治療は世界中で認められており、多くの方が治療を受けています。そもそも安全性が立証されているボツリヌストキシンを使用しているので、副作用の報告も世界中からありません。しかし副作用やトラブルのデータを集計しているのは正規品であるアラガン社製のみであり、ジェネリック製剤については安全性が確立しているとは言われていません。ボトックス治療で使用される薬剤はボツリヌストキシンだけですが、ジェネリック製剤があります。ジェネリック製剤を活用する事で正規品の半額以下の費用で治療が受けられます。効果も同効果であり成分も同成分なので副作用の心配はありませんが、製造過程により不純物の混入は考えられます。製造する会社や安全基準については国や会社によって異なります。日本では厚生労働省が安全性を認めていますが、その唯一認められているのは正規品であるアラガン社製のみです。ジェネリックは安全性が認められていないので、その事も考慮して薬剤を選択する必要があります。その際は信頼できる医師である事や、医師から説明をしっかり聞く事が大切です。注射だけとは言え人により状態や希望、体質も異なります。薬剤の量や注入部位の正確さ等、施術する側の技量が求められるので医師選びも重要です。